不要個所を消す


-PR-


目的

現代の仕事の主要な流れのひとつはノートに書いたものをパソコンに入力するというものです(ドキュメント、メール、さまざまな管理システム)。そのため入力済みのものは即座に区別しノイズを無くすことで生産性を上げます。

方法

不要になったところには淡い色のマーカーで上から線を引きます。目に優しく、線を引いても文字が見えます。


留意点

消し忘れては意味がありませんが、あまり頻繁に消そうとすると効率が下がります。

-PR-