アクティブ・リスト


-PR-


アクティブ・リストとは

自発的に行うタスク(特に納期もなく誰かと約束したわけでもない、自らの意思で行おうとするタスク)はアクティブ・リストに記入します。このリストのいくらかの部分は「改善活動」のリストです。

使い方

スペースの作成

スペースは最終ページを使います。そこを縦に三分割します(右側の線は二分割するときと同じ位置です)。最終ページを使う理由は、こうすることで大きなタスク(マスターマップ)と小さなタスク(付せん紙)と自発的に行うタスクが一箇所に集まるからです。

最終ページを縦に三分割します
最終ページを縦に三分割します

記入の仕方

右列から小さなものを左列から大きなものを記入します。先頭にチェックボックスを付けて続けて内容を書きます。記入は二行や三行にすることもできますし、説明を書き加えることもできます。誰かと約束したことではないので原則として納期を書く必要はありません。

右の列から使用します
右から小さなものを左から大きなものを

日常のオペレーション

時間の余裕ができた時にやるものに赤でチェックをして実行します。完了したら塗り潰します。なお大きなタスクは管理フォームを作成して管理します。

オペレーションは自由です


-PR-