ノートの運用


-PR-


ノートの役割

ノートは一般的に議事やメモを書き留める備忘録として使われます。ReNote の場合にはその一般的な役割に加えてシステムのコアという重要な役割も担います。

記入の基本

  1. 左ゾーンの左端にタイトルを右端に日付(月日か日時)を記入します。年号を省くことで時間を節約します。日付はそのページ内のトピック数の序列を示す重要な役割もあるため必ず入れて下さい。
  2. トピックが変わっても原則改ページしません。一行空けて次のトピックを続けて書きます(残りが数行しかない場合は改ページします)。
  3. あるトピックがページを跨ぐことは日常的に起こります。その対応方法が定められています。>>ページを跨いだ場合
  4. パソコンに入力済みのものや不要になったものは区別します。>>不要個所を消す
  5. サブタスクのチェックボックスはマスの4分の1の大きさでドットに合わせて記入します(階層の表現がたやすくできます)。また文字は下線に合わせて記入します(漢字以外は罫線幅の半分くらいで記入します)
チェックボックスはマスの4分の1
チェックボックスはマスの4分の1
下線に合わせて書く
下線に合わせて書く

タスク管理

メール

管理ページ
管理ページ

メールから発生したタスクは先ず「送信元」と「受信日時」とを記入します。そして行間を開けずにフォームを5行か10行確保します(5の倍数であれば挿入するときに瞬時に判別できるため)。それぞれのスペースに「タスクと納期」「サブタスク」「クローク・タスク」を記入します。なおこのスペースに書ききれない場合ヘッダをバックアップのスペースとして使用することができます。>>容量オーバーへの対処


サブタスクは挿入することができます。そのため思い付いた順番で書き出すことができます。>>サブタスクの挿入


小文字のアルファベットでサブタスクとクローク・タスクとの関連を示します。あるサブタスクに到達したときに関連するクローク・タスクが呼び出される仕組みです。このアルファベットはひとつのタスクの中での区別です。つまり別のタスクでは改めて「a」から使い始めます。使い方は③クローク・タスクのページをご覧ください。


サブタスクが完了したら塗りつぶしますが、取り掛かり中の場合は真ん中を少しだけ塗って区別します。



サブタスクに必要に応じてメモを加えることもできます。


またタスクが複数ある場合にはその分だけスペースを作ります。区切り記号(▷)で区切ります。

ミーティング

ミーティングから発生したタスクの場合には議事メモの下に一行空けてスペースを作ります。タスクは仮に議事メモの右隣に書いておき、後から所定位置に転記します。なおミーティングとは必ずしもフェイストゥフェイスということではなく電話で行なったものも全く同様に扱います。

自発的に行うタスク

改善活動を含む自発的に行うタスクはアクティブリストに記入します。ノートの最終頁を使います。

メモ

さまざまなメモは原則として左ゾーンに書きます。「①タスク」に関連するものは「④クローク・タスク」か「③トゥデイ・タスク」として分類されます。「①タスク」に関連しないものは「③トゥデイ・タスク」か「長期保存されるメモ」として扱われます。いずれにしてもきちんと管理されるのでいつでも安心して書き留めることができますしノートの中を探し回る時間を一切使いません。

-PR-