改善活動


-PR-


「改善活動」は二種類あります。ひとつは無駄な仕事の削減です。発生するタスクのうちの一定部分は何らかの不備があるために発生するものです。その不備を解消することで同じタスクを二度と発生させないようすることで仕事を加速させます。もうひとつはスキルの向上・習慣化というユーザーの能力を高めるアプローチです。

無駄な仕事の削減

考え方

社内外から細かな質問や問い合わせなどが発生するのは多くの場合どこかに不備があるからです。説明の仕方、資料やウェブサイト、あるいはさまざまなシステムなどを改善して発生する原因を元から断ちます。

進め方

改善活動はアクティブ・リストに書いておきます。アクティブ・リストはノートの最終ページを使います。


スキルの向上・習慣化

考え方

改善したいスキル項目と習慣化したい項目を書き出してたびたび評価することにより着実にユーザーの能力を向上させます。

進め方

専用フォームを一列分切り離して裏表紙の余白(マスターマップの左側)に貼り項目と日付けを書きます。最大10項目書けます。完全にスキルが身についたり習慣化できたら5つの星が全て塗り潰します。完全に塗り潰されたものはノートを更新するときにリストから除きます。



ダウンロード
改善活動フォーマット.pdf
PDFファイル 9.8 KB


-PR-