いつでもどこでも前進


-PR-


いつでもどこでもオフィスにいるのと同じように仕事を前に進めます。つまり移動時間も待機時間も全く区別しないことで新たな時間を絞り出します。この手法ではスマートフォンをフル活用します。これこそがスマートフォンの最大の価値のひとつでしょう。
*通勤時間に適用することもできます。
*このページではiPhoneの機能を前提に説明します。

考え方

しばしば「すき間時間を活用しなさい!」と提唱されます。「積もり積もれば膨大なものになる」というのがその理由ですが、ReNoteは「そんなに膨大ならその時間もそのまま普通に仕事を進めるべきでは?」というスタンスです。どんなシチュエーションでも「どの作業ならできるのか?どうすればできるか?」と考え時間を絞り出すのです。なお、すき間時間を特別なものとして活用しようとすると「このタスクはすき間時間にやるかどうか」「このすき間時間に何をやるか」と判断することにもその都度工数が掛かります。

進め方

シチュエーション

こんな状況を想像して下さい。あなたはオフィスにいてタスクCに取り組んでいる最中です。そして外出する時間になりました。地下鉄と徒歩で往復50分の移動時間です。

外出前の準備

タスクCの管理ページをスマートフォンで撮影します。これで準備は完了です。


作業内容の決定

未完了のサブタスクと移動中の環境を考慮して移動中に行う作業をクイックに決定します。

作業の例

メモ
文章やアイディアをメモで残します。地下鉄で立っていても入力できます。不明なことがあればウェブで調べられますし、言い回しなどに迷ったらどこかのサイトからコピー&ペーストもできます。


ボイスメモ

頭に浮かんだことをクイックに記録する最強の方法です。歩きながらでも電話を掛けるような格好で文章やアイディアを次々と残すことができます。操作はアプリを立ち上げたら「スタート→ストップ→完了→保存」を繰り返すというシンプル操作です。



写真

デザイン(配置や配色)の参考になる画像をウェブで検索してキャプチャします。マークアップの機能で線や文字を加えることもできます。


オフィスに戻ったら

オフィスに戻ったらすぐに外出中に溜めたタスク(デジタルデータ)の処理をします。多くのタスクはすぐにその場で処理できるはずです。その場できないタスクはメモは自分宛てにメールを送りTodayのフォルダに入れます(メールに送信したらオリジナルは消去します)。ボイスメモと写真は付せん紙に書きます《画像》(ボイスメモと写真は完了さしたら消去します)。なおたまたま将来のサブタスク(プロセス)に関することを思いつくこともあるでしょう。その場合は「③クローク・タスク」に分類します。「③クローク・タスク」に分類したものは処理するタイミングまで完全にノータッチでいられるから管理に全く負荷がかからないのです。

>>スマホデータの管理



-PR-