付せん紙


-PR-


製品

「75mmX75mm」の付せん紙を一日一枚使います。

使い方

準備

マスターマップの右3分の1の使っていないスペース(ノートの使い始めなら下の方、ノートを半分以上使ったら上の方)に付せん紙を貼り右上に日付を書きます。二列にして使うので真ん中に線を引きます(引かなくても使えます)。

小さなタスクの記入

左の列と右の列の上半分をつかいひとことで書ける小さなタスクを管理します。タスクマップに記したタスクと一覧することができます。

≪仮の画像≫
小さなタスクの記入

大きなタスクの管理の補助

右の列の下半分をつかい大きなタスクの管理を補助します。〔〕内の数字は列番号で、右の数字はその列の中で何番目のタスクであるかです。一巡目が終わったら数字を書き、二巡目が終わったら数字を消します。この作業は「今日がデッドライン」と「今日が納期」のタスクを修了させたあとから始めます。

≪仮の画像≫
大きなタスクの管理の補助

スタンドに立てる

ノートを使っていないときはスタンドに立てておきます。これで記入や完了の処理をしやすくなります。

≪画像準備中≫


-PR-