メールソフト


-PR-


ReNote はメールの管理の補助としてノートを使います。その方がメールソフトの機能を駆使しようとするよりも結果的にシンプルに管理できます。

フォルダの準備

次の三つのフォルダを用意します。
  • SmallTasks
  • LargeTasks
  • Archive
大きなタスクをタスク毎のフォルダに分ける必要はありません。その理由はノートで分類しているからです。なおLargeTasksのフォルダのメールにはノートから呼びだされてアクセスします。

オペレーション

新着メールをチェックしたときに受信フォルダを空にします。

  1. 不要なメールは削除します。

  2. 保存するメールはArchiveのフォルダに移動します。

  3. 小さいタスクに分類されるメールはできるかぎりその場で処理をしてArchiveのフォルダに移動します。その場で処理できない場合にははSmallTasksのフォルダに移動します。そして、原則その日のうちに処理をしてArchiveのフォルダに移動します。

  4. 大きなタスクに分類されるメールは、ノート上の処置を済ませたのちにLargeTasksのフォルダに移動します。そして処理が終わったときにArchiveのフォルダに移動します。

  5. ぶらさがりタスクに分類されるメールはできるかぎりその場で処理をしてArchiveのフォルダに移動します。その場で処理できない場合にはノート上の処置を済ませたのちにLargeTasksのフォルダに移動します。そして処理が終わったときにArchiveのフォルダに移動します。

-PR-