プロセスの入れ替え


-PR-


目的

プロセスを書きだしている途中で、先にやるべきプロセスを後から思いついたとします。そのときの対処法です。

やり方

赤のボールペンで記号と数字を記入することで挿入を示します。容量がオーバーしてヘッダに続きを書く場合も同じように挿入することができます。

具体例

対処前

右列の一番上のプロセスを、左列の上から9番目の下に挿入し順番を入れ替えたいとします。


対処後

左列の9番目と10番目の間に挿入記号()を、右列の1番目(挿入するプロセス)の左側に「91」という数字を赤ペンで記入します。


プロセスの完了

右列1番目のプロセスが完了したところです。この次に左列10目のプロセスを処理します。


ポイント

フォームの行数を5行単位にしているため、挿入位置の数字が瞬時に判別できます。

-PR-


挿入前
挿入後