タスクマップ


-PR-


タスクマップの意義

タスクマップがもたらすのは「ノートに書いたタスクが外から一覧できる」という形態の変革に留まるものではなく、「ノートに書いている最中から管理が始まる」というプロセスの変革です。

タスクマップの構造

40枚用
40枚用

①カレンダー
直近6週分のカレンダーです。ノートの使用開始日と終了日をマークするほか、活用方法は自由です。


②カラム
カレンダーに対応した三列のカラムです。チェックリストなどに自由に使います。

>> カレンダー&カラムの活用法


③プロジェクトリスト(5行)+アーカイブリスト(10行)
プロジェクトリストは同じプロジェクトに関するものを色で区別するのに使います。アーカイブリストはノートに書いたもので保存するコンテンツのリストです。最後の5行はどちらのリストにも使えるユーティリティです。アーカイブリストの容量は増やすことができます。


④ノート投影部(主要部)
ノートにある主にタスクを投影するメインの部分です。この部分はノートの外に飛び出す構造になっています。ページ毎の枠はノートの縮小形をしておりページ番号が薄い色で印刷されています。ページ番号を判別しやすいように5ページ単位で折り返し10ページ毎の区切りが付いています。

 

⑤フリースペース

画像は40枚のノート用のものですが30枚用の場合このスペースが二倍になり50枚用の場合には存在しません。

ワンタッチで出し入れ

タスクマップを使用するときはノートの外に出します。この構造によりタスクマップを見ながらノートのページを次々に捲ることができます。そのため巻頭/巻末のインデックスやサイドインデックスと比較して全く異次元の働きをします。なおノートを使用しないときは収納します。

転記の仕方

タスク(相手先名+チェックボックス)

タスクマップの該当位置(ノートのページ番号、左右、上下)に合わせてノートから転記します。タスクマップにはタスク名(この場合になら「事例資料」)は書きません。なぜならReNote では優先順位を付けないためタスクを比べる必要がなく、どこに未完了のタスクがあるかが分かればいいからです。従って「相手先名」を記入しなくても機能しますが大まかな区別をするために記入します。

*チェックボックスは横の線を先ず二本引くとバランス良く描けます。

タスク以外

ぶらさがりタスク

ぶらさがりタスクには「 ー」 を記入しておきます。



ページを跨いだもの

例えば18ページのトピックが19ページに跨いだ場合にそれを上向き矢印(↑)で示します。



アーカイブする情報

どのタスクとも関わりはないが、将来必要になるかも知れない情報はマスターマップに[]付き数字を記入し、その内容をアーカイブリストに記入します。マスターマップの中を探さなくてもアーカイブリストからすぐに目的の情報を探し当てることができます。ノートを使い終わったらスマートフォンのカメラで撮影しておけば複数のノートから必要な情報を簡単に見つけることができます。



-PR-