ご利用の準備


-PR-


対応するノート

推奨するノートはA5サイズ・ドット入り罫線・ダブルリングのタイプです。ただし、ユーザーの使用スタイルや好みによりその他の選択肢を廃除するものではありません。

罫線タイプ

罫線ノートを使います(方眼ノートはご使用になれません)。そしてサブタスクの階層をキレイに楽に表現できるのと短い定規(15cmくらいの)でも分割線を楽に引けるのでドット入りのタイプを推奨します。罫線幅は日本語(漢字)で使用する場合は7mm(A罫)にして下さい。

綴じタイプ

「リングノート」と「綴じノート」のいずれもご使用いただけます。「リングノート」はコンパクトになり、またスタンドに立てやすいので機動力という点では圧倒的なアドバンテージがあります。一方「綴じノート」には書くときにリングが邪魔にならないという利点があります。

サイズ

  • A5, B5など
  • 10.5inx8in,  10.5x7.5in など

なおタスクマップのサイズはノートのサイズに関わらず一種類(A4横)です。

枚数

30枚、40枚、50枚のノートに対応しておりそれぞれタスクマップが用意されています。

*1枚捲ってから使うため最初の0.5ページは使用しません(何らかの用途に自由にお使いください)。 

*最後の0.5ページはアクティブ・リストに使います。

その他

高級紙を使ったノートは使用できません(分割線の裏写りを利用するため)。

タスクマップのセット

ダウンロードと印刷

ファイル(PDF形式)をダウンロード(無料)して印刷します。

  • 使用するノート枚数に合った最新ファイルをダウンロードします。(使用中のノートで使う場合には過去ファイルをダウンロードします)。
  • A4のコピー用紙にモノクロ印刷します。(プリンタが使用できない場合はコンビニエンスストアのサービスをご利用ください)。
30枚用
30枚用
40枚用
40枚用
50枚用
50枚用

三つ折りにする

印刷した用紙を左側からガイド線に端を合わせて谷折りします。さらに用紙の右側から端に合わせて山折りします。その結果画像のようになります。この折り方により使用するときは外に飛び出し使用しないときはノートの中に格納できるようになります。

三つ折りにした状態
三つ折りにした状態

ノートに貼り付ける

左端にだけノリを付けます(テープタイプのものをお勧めします)。もし背表紙がプラスティック製の場合には両面テープを使います。

背表紙の裏に貼り付けます(A5)。



背表紙の裏に貼り付けます(B5)。
上端に合わせて貼ります。


文房具

罫線ノート以外に使用する文房具は次の通りです。

  • 黒と赤を含む多色ボールペン(極細/超極細) 
  • 付せん紙(75mmx75mmを一日一枚使用) 
  • スケジュール帳(バーティカルタイプ) 
  • スタンド(スマートフォン用を二つ) 
  • 定規
  • プラスティック付せん《あると便利》
  • 淡い色のマーカー《あると便利》
  • 蛍光マーカー数色《プロジェクトがある場合》

-PR-