こんなに変わるあなたの仕事


-PR-


他のタスク管理の手法やツールでは管理の作業にかなりの時間を使います。そして、問題は作業にかかる時間だけではありません。多くの場合それらの作業は集中力を削ぐ要素を発生させます。一方、ReNoteでは管理の時間がなくなった上に、すさまじく高い集中力が発揮されます。だからこそ、タスクが発生したその場で完了させるパワーがあるのです。そして、タスクが溜まらないのです。

*文中、集中力を削ぐ要素は太字にしてあります。

常に最新の状態をキープ

どんなタスクが発生しても、12パターンのごく簡単な処置によりその場で最新の状態にアップデートされます。何かやるべきことがあるのではないかという不安が完全に払拭されます。

書き出さず/登録せず

ReNoteではタスクを一切書き出したり登録したりする必要がありません。それはReNoteはタスクが発生したときに処置をすることで完了まで導く仕組みだからです。書き出したり登録しないことで漏れるリスクがゼロになります。

転記しない

従来のタスク管理法(アナログの場合)では、一日では終わらない大きなタスクや持ち越したタスクを転記することがあります。ReNoteでは一切転記をしません。転記という全く何の価値も生まない作業はモチベーションを著しく下げます。

探さない

ReNoteではノートからタスクを書き出さないため、議事とタスクが分断されません。そして、大きなタスクに関連するメールは受信日時でメモはアドレス(オリジナル)でリンクします。従って一切探すことがなく、イライラしません。

計画しない

ReNoteでは一日の計画、一週間の計画、一カ月の計画を一切立てません。毎日同じ目標に従うため立てる必要がないのです。そのため不要な判断疲れが発生しません。そしてこの目標に従うことで納期の不安やリスクが一切なくなります。ReNoteでは計画とは何か新しいことを始めるときに限って行う行為です。

迷わない

ReNoteの運用には迷うという要素がどこにもありません。まず、次に何をするかに迷いません。そして、どこに書くかも迷いません。

無駄なチェックをしない

ReNoteではメールとノートの中を「何かやるべきことはないか」という確認の目的で覗く必要が一切ありません。

要らない考えは排除

ReNoteでは他のタスク管理でしばしば登場する次のことは一切しません。「所要時間の見積もり」「バッファの時間を設ける」「すきま時間の活用」「定期レビュー」などです。要らない概念が増えれば増えるぼと仕事を複雑にします。ただし、自発的にやろうとして書き溜めたリスト(アクティブリスト)はレビューする必要があります。

余計なタスクを発生させない

「さっきのミーティングの件で」という連絡をしたり連絡をされたりという行為が、日常的に行われています。ReNoteには漏れなく確認しておくことで後から余計なタスクを発生させない仕組みがあります。

いつでもどこでも前進

スマートフォンの、メモ、ボイスメモ、写真(キャプチャ)の機能を使い「大きなタスク」を移動時間も待機時間も区別せず前に進めます。これをスムースにできるのは「関連タスク」を厳格に管理する仕組みがあるからです。

視線を上下させない

オフィスワークのかなりの部分を占めるのは、何かを参照しながらパソコンに入力する時間です。そこで、ノート、スマートフォン、書類をスタンドに立たせることで視線を上下させないよいにして、作業効率を上げます。

モチベーションが高い

ReNoteでは毎日の目標を達成すれば、仕事が絶対的に安泰の状態になります。一方、従来のタスク管理法では時間と神経を使って計画をし仮にそれを達成しても、ただ自分で決めたことをやり遂げただけに過ぎません。モチベーションは雲泥の差です。

-PR-